サガプラネッツ「フローラル・フローラブ」が全年齢対応Android版となって配信決定!

本日2019年6月12日、
サガプラネッツの20作品目「フローラル・フローラブ」が全年齢対応Android版となって配信が決定しました。

サガプラネッツの作品がゲームスマホ化するのは「花咲ワークスプリング!」「はつゆきさくら」「カルマルカ*サークル」に続き4作品目。

 

Android版の価格は2,800円を予定しており、配信日は2019年夏とのこと。
iOS版も価格は2,800円を予定しており、配信日に関しては2019年内とのこと。

カルマルカ*サークル(Android版)が7月配信だったので、フローラル・フローラブも同様に7月くらいになるのかな?

作品概要

――あの日、俺は天使を見た。

サガプラネッツの記念すべき20作品目である本タイトルは、華やかなお嬢様の世界には天使が似合う、明るくて楽しい純愛学園ストーリー。

お嬢様学園を舞台に、「花咲ワークスプリング!」で好評を得たイチャラブはもちろんのこと、ストーリー性も強化し、20作目という区切りにふさわしい作品となっています!

ストーリー

――あの日、俺は天使を見た。

聖ガブリエレ学園には、学園の四大天使と呼ばれる美少女達がいた。

見た目も性格も、天使(セラフィーン)のような彼女達と恋人になれたら、
きっと天国(パライソ)のような毎日が待っている!

もっとも彼、斉須 柾鷹(さいす まさたか)は、天国など自分には縁がないと思い込んでいた。
だが天使の1人から、完全にロックオンされてしまう。

確かに美鳩 夏乃(みはと かの)とは幼馴染みだが、学園一の超お嬢様!
そんなに毎日、大好きビームを照射されても、はるかに遠い高嶺の花であることは、変わりようがない。

その友人、朱鷺坂 七緒(ときさか ななお)はモデル並の黒髪美人で、ツンツン天使と呼ばれるほどに素っ気ない。

海外から来たアーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセは、歴としたリアルお姫様!
賛美歌の独唱は、天使の歌声と賞賛されるほどだが、いかんせん、いつでも気だるげな省エネタイプで、とにかく世話が焼ける。

椿姫 こはね(つばき こはね)は、敬虔なクリスチャン。
天使と呼ぶにふさわしい性格美人で、柾鷹は頭があがら……ん?

気付けば、全員と関わりを持ってないか?

だがそれも宿命だったのかもしれない。
彼にはささやかな秘密があったのだ。

目をこらせば、天使の翼が見える。
その心が善なるときは天使が、悪なるときは悪魔の羽根が見えてしまう。

それは幼き日――
初めて天使を見たときから、始まっていた。

登場キャラクター

美鳩 夏乃

美鳩 夏乃(みはと かの)

「私に足りないのはお金でも名誉でもなくて、愛なんだよっ!?」

聖ガブリエレ学園、2年生。
容姿端麗にして歴史ある良家のお嬢様だが、そういったことを感じさせないほど明るく前向きな女の子。

朱鷺坂 七緒

朱鷺坂 七緒(ときさか ななお)

「お……お友達からなら、始めてあげてもいいよ ちょ、ちょっと待って! 今の無しっ」

聖ガブリエレ学園、2年生。
今時の子らしくどこか冷めたところがあり、 興味がないときは、ひたすらスマホを弄ってる。

アーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセ

アーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセ

「長い名前なんて無駄なんです、あーちゃんと呼んでくれていいですよ」

聖ガブリエレ学園、1年生。
中欧の小国、ベルクシュトラーセ公国の第三公女で、 彼女の歌う讃美歌は、天使の美声と賞賛されている。

椿姫 こはね

椿姫 こはね(つばき こはね)

「わざわざ訪ねて下さるなんて嬉しいの極みですねっ」

聖ガブリエレ学園、3年生。
修道院で育ったため、敬虔な信徒であるらしい。 容姿は十人並みだが、内面の美しさから 天使とも聖母とも呼ばれている。

斉須 莉玖

斉須 莉玖(さいす りく)

「おい柾鷹、ゲームをするぞ お前に世界の平和を守らせてやる」

感情が薄く、どこか冷たい人形のような印象のある少女。
兄の主人公のことも呼び捨てにし、常に命令口調で話す。 その実、子供っぽく、超が付くわがままなのに、とびっきりの甘えん坊でもある。

碧衣 愁

碧衣 愁(あおい すう)

「だ、だ、ダメですよ、いくら貴方の頼みでも……こ、今回だけですよ?」

椿姫 こはねの従妹。
学園に常駐する教会職員。年齢不詳。
普段は学園内のチャーチで礼拝を仕切って説教をしたり、 生徒の悩みを聞いて告解させることを仕事にしている。

 

最新情報をチェックしよう!